« ついに症状表れる・・・ | トップページ | どこへ行ったんだ~! »

明日は我が身・・・

今日またお通夜に行ってきた。今年これで何度目だろう?ゴルフなど色々と本当によく遊ぶ友達のお父さんが亡くなった。72歳での永眠だ・・・・私の父は、75歳で母は72歳。周りの友達の親もそれくらいの年齢だ。。。平均寿命からいったら、もう少し先の話かもしれないがソロソロ心の準備は必要かも知れない・・・・(長男です)(-.-)

前回、遺族側にいた者が今回弔問側に:きっと次回は今回一緒に弔問に行った者が遺族側に・・・・私達自身がそういう歳になってきた、と言うことなのだろう。今日はお焼香を済ませ住職のお経を聞きながら色々考えた::::。私を含め、一緒に来た友は皆、お父さんの顔を始めてみる。弔問に訪れた人を見ても本人より、残った家族や会社関係の人が多いだろう。焼香を済ませると家路に急ぐ方が大半だ。これは今回に限ったことではなく毎回だ。縁起でもないが、私が喪主となっても父を知らない私の知り合いが駆け付けるのであろう。。。

これは人間としての大変に美しい所のような気がした。私達も喪に服す!を表しているのでは・・・・私は今日 「あなたは大切なお父さんを亡くされて気を落としているだろう、激励と哀悼の意をこめて本日喪に服す」そんな気持ちだった。よく大きな災害の犠牲者への黙とうもそんな感じではないだろうか。たかが一分たらずの儀式に会社を早めに切り上げ、黒い服に身を包む。このちっぽけな行為、気持ちが人と人を結びつけ合い互い思いやる”すばらしいことだと祭壇を眺め思った。

いつの時代もどんな時にも人間関係で悩まされる。しかし見方を変えればいつも他の人間に支えられている。人間関係で悩む時は、ほんの少数の人間に悩まされているだけだ!あとの残りの人間は皆、自分を支えてくれている。そこに気づいていないだけなのでは

このカテゴリーを見ていて悩み苦しむ人が多いのが気になり本日、感じたことを若輩者が生意気に語ってみました・・・・

« ついに症状表れる・・・ | トップページ | どこへ行ったんだ~! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

いつもブログに訪問いただきありがとうございます。

さて「いつの時代もどんな時にも人間関係で悩まされる。しかし見方を変えればいつも他の人間に支えられている。人間関係で悩む時は、ほんの少数の人間に悩まされているだけだ!あとの残りの人間は皆、自分を支えてくれている。そこに気づいていないだけなのでは」同感です。私はとても友達が少ないのですが、でも友達と呼べる人でなくてもやはりどこかで私を支えてくれていると思うし、全く面識の無い人でも、私が目の前で倒れたら手を貸してくれるだろうと思うと、人はいろんな形でつながっていると思います。この年齢になると出会いの機会は減っていきますがどんな出会いも大切にしたいなぁと思う今日この頃です。

いつもコメント頂いてありがとうございます。すごく励みになります(^-^)

それにしても、私も全く同感で、人は生きて行く上で気付かないうちにたくさんの人に支えてもらっているんですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日は我が身・・・:

« ついに症状表れる・・・ | トップページ | どこへ行ったんだ~! »