« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

下げたり、上げたり・・・

今日、前に くじ運 の良い娘が当てたガソリン券の期限が迫っていたのでスタンドに行った。いつもと違うスタンドなので少し距離がある。道すがらの各スタンドが異常に込んでいる・・・そういえば、テレビで「値上げする」とか言っていたことを思い出した。

私は普段通勤に乗る位なので、ガソリンの値段を全く気にしない。増してや10円上がるとかで並んでまで上がる前日に満タンになどしたことがない。ニュースだから大げさに取り上げているのかもしれないが、皆さん一喜一憂しすぎでは?などと思ってしまう。仕事に車を使う人などは、生活にかかわる出来事なのかも・・・・しかし世間に踊らされ過ぎの感が強い!

私は、裕福に育った訳でも、今とてもお金もちでも無い。「天の邪鬼」な性格なのか、人が騒げば騒ぐほど動かなくなる傾向にある。バーゲンやアウトレットは大好きだが並んでまで買いたくない。

人それぞれだから文句を言うつもりは毛頭無いが、最近流行り言葉の「大人買い!」魅力的ではないでしょうか・・・・(意味不明)

P1010182_2

今回は私のギアを公開します。

初ゴルフ行ってきました・・・

昨日の日曜日前回に書いたようにゴルフ行ってきました!

結果から申しますと散々、というかこんなもんですかね~。

天候は午後からのスタートということもあり快晴、微風。長袖のTシャツに半袖ポロを重ね着する位の絶好のコンディション この時期ならではの新緑を楽しむこともできました

今回のコースは山岳コースながら眺めも素晴らしく コースによって海がみえたり、街並みがみえたりと景観も楽しむことができます。何かこう、綴っていますと「景観を楽しむ、余裕のゴルフ」のように聞こえますが・・・・確かにティーグランドでは、いつものメンバーなので周りを見る余裕はありますが、今回グリーンまわりで大変苦労をしました。

で!スコアはどうなのよ アウトが46で、インが55という、「どうよこれ」的 スコアと相成りました・・・・!軽~く解説入れますと、アウトは1,2ホールとドライバーに当りがでずボギー先行。しかし案外距離のあるショートでワンオン、パー。このあたりからドライバーも当たりはじめ2打目がショートアイアンで打てるようになりパーをかせぎましたが、ロングホールの2打目のユーティリィテー3番が尽くトップでダボ、トリプルと崩れました。

今回は午後からなのでスループレー。続いてインに ドライバーは狭いフェアーウェーをとらえ絶好調。だがこの辺からアプローチがダフリはじめ、バンカーにも捕まるようになり、スリーパターも増えてダボ、トリプルと前半から崩れてしまいました。いつもなら後半持ち直せるのが、310Y程の短いパー4で痛恨の11打(7オーバー)を打ってしまい「万事休す」。。。打ち上げの短いホールなので力みが出て 「チョロ」 5番での2打目がOB。5打目がダフッテ、バンカーへここでもダフリ2回目がホームラン。グリーンに乗った時には9オンでした。ハーフ分このホールで要した気がした・・・そんなこんなで最終2ホールをパーで上がっても時すでに遅し!何年かぶりの55でしたちなみにショートホールは、3回乗せて500円の罰金で済みました 総額8500円貯まり美味しい夕食の足しになりました

ゴルフはメンタルが大切と前回述べましたが、「小生」まだまだ人間が未熟でありゴルフの練習より滝壺入る修行にでも行かなければ・・・と痛感した初ラウンドでした。

しかし、上手くいかないから練習し 難しいから上手にできた時に喜びを味わえる!これはゴルフだけではなく何にでも当てはまることですよね

今期・初ゴルフ!

久しぶりのゴルフ ネタです。

今週末から世間はゴールデンウィークに突入 とは言っても今年は、とび石連休なので前半の休みが土曜からはじまりますね~その始まりの日曜にゴルフに出かけます。例年なら三月が初ラウンドなのですが、今年はマラソンがずれ込んだり、大阪へ遊びに行ったりとなかなか行けずじまいで、こんなに遅い初ラウンドとなった・・・・・

練習(打ちっぱなし)は、欠かさず週2ペースで行ってきた。今年の初めに一本、ウッドを新調したのでそれを中心に、そして課題のアプローチに取り組んできた!今回の舞台は山岳コース、狭いで有名な某カントリー  ドライバーのコントロールがものをいう 意外とドライバーは好きなクラブで力みさえなければ良い結果が期待できるはずである

しかしゴルフというスポーツはメンタルに一番影響されるスポーツである・・・・特にパターなんかはその人の人格を映し出す鏡のようだ・・・怖さを知らない初心者などは、強気にカッ~ンと ど真ん中から入れてくる。私からすれば「男らしい」の一言である勝敗の掛ったバーディーパットなんか半分くらいしか打てなかったりする。(うなずいているお父さん多いハズ!)

私達の仲間ゴルフは、ショートホールでワンオンできないと500円の罰金制度がある。4回のショートホールでのらなければ2000円の出費だ。この罰金はゴルフの後の打ち上げ食事会の資金の一部となり、その罰金だけで事足りたりする場合もある(それ位の腕前です)

今度の日曜は雨の心配はなさそうだ、今年を占う意味での大事な初ラウンド!気合いが空回りしない程度に頑張るつもりであります 結果は次回で・・・・・

明日は会社の飲み会!これも弾け過ぎないよう程々にしておかなければ・・・・・

京都に行ってきました・・・

日曜日、京都に急きょ行ってきた・・・親戚の叔母様が亡くなりお通夜だった。

私の両親に妹、その息子と娘も。私の娘は風邪気味なのと帰りが深夜になりそうなのでママと留守番だ。近くに住む いとこも乗せて出かけた・・・近い親類ではないが長年、近くで暮らしたせいか家族ぐるみで親しかった親戚だ。そのおじさんの定年を機に娘が嫁いだ京都へと移り住んだ。

急死ではないせいか、皆 心の準備ができていたせいか、あまりシンミリとしないお通夜だった・・・何十年ぶりかに会う親戚ばかりなので仏様の前で式が始まるまで昔話で故人を偲んだ。故人は賑やかな人で笑いの絶えない人だったゆえに皆それぞれに笑顔さえのあるお通夜だった。祭壇は生花で埋め尽くされ、お館の中の顔もとても綺麗で、悔いのない人生をおくったに違いない!「あぁ~こんなお通夜もいいな!」 と 素直に感じた。ふと、縁起でもないが、家の親父もこんなお葬式を望むだろうな~などと考えた・・・・

お通夜の形式も地域で色々違っている。たまにビックリさせられたりもする。だけど悲しむだけのお通夜ではなく笑顔で送りだせる、故人が他界での幸せを祈れるお葬式。それは故人がどれだけ皆に愛されていたか、本人がどれだけ人生を全うできたか、によるものではなかろうか・・・私も日々悔いのない人生をおくる心で生きていきたい

ティアレの花言葉は清楚・Ⅱ

ティアレの花言葉は清らか・清楚 その香りは、甘く 優しく 忘れられない香り!

これは、前回に足健道 あしつぼ 療術院 ティアレの紹介で綴った文だ・・・・それをなぜ今回また取り上げたかと言うと、うちのサロンをホームページで探そうとお客様が「足健道 ティアレ」で検索すると「tankunパパ劇場」にヒットするらしい・・・ うちのかみさんが患者さんに「たんくんパパは旦那さんですよね!」ってよく言われるらしい。それとセットに対外 皆さん、「たんくんは、息子さんのお名前ですか?」と尋ねるらしい・・・「いえ、うちは娘なんです」すると「じゃ、旦那さんが、たんくん!」。「いえ、違うんです。娘が たんくん なんです」。「え?なぜ?」となるらしい・・・

ブログをご覧の方々も同様の解釈をなさっていたと思います。「たんくん」は私だけが娘のことをそう呼んでいます。最近は娘も「ね~パパ。うちも(自分のことをそう呼ぶ)もう二年生なんだから、たんくんはやめてよ恥ずかしいじゃない」と訴えている 確かにもう、たんくんと言う年じゃない。でも・・・・どうして「たんくん」と呼ぶのか!それはまた機会があったら綴ります。これを見てティアレに来られた方は、興味があったら かみさん に聞いてみて・・・

しかし、このネットとは恐ろしい物である。私の名前で検索すると私の名前が載ってるホームページが立ち上がったりする。娘の名前で検索したら子供服のホームページがヒットしたまさか身近にこのブログを見てる人がいるとは想像もしてなかった・・・以後、内容に気を付けよう。でも、見てもらいたい!伝えたいから公開している所もあるのでめげずに楽しいブログにしていきたいですね  皆さん よろしくお願いします

何とか今年中にはティアレのホームページを立ち上げる所存です

どうして妖精さん来ないの?

「どうして妖精さん今日も来てくれなかったのかな?」 これは、おとといに歯が抜けた娘の言葉である。。。またも娘ネタですみません

娘は今年8歳になる。皆さんにも身に覚えがあると思いますが、乳歯から永久歯に生え換わる年頃なんです!前歯は、ほぼ生え換わり今そのサイドが抜けかかっていた・・・・そしておとといメデタク抜けたのである。。。だがどうして妖精さんが出てくるのか?それは、ケーブルテレビで放映されてるカートゥンネットワークというアメリカ マンガ チャンネルの中の「パヮーパフガールズ」での一コマの話である・・・・・・

良い子の抜けた歯を寝る時に枕の下に入れておくと、寝ている間に妖精さんが持って帰りその代りにコインをおいて行く!という話なのだ・・・・! はじめて歯が抜けた時に歯を枕の下に入れて寝て、それが朝10円に代わっていたものだから””それ以来抜けるたびに10円、50円、30円などとママ妖精が夢を与えていた

ところが、昨日枕の下にはまだ「歯が」・・・・ 「どうして?」の問いに「一年生は、皆いっぱい歯が抜けるから忙しんだよ。妖精さん!」 と苦しい言い訳・・・・・そして今朝 「昨日、ものまね紅白遅くまで見ていたから妖精さん来てくれなかった~」と半泣きで私に訴える娘。。いつもは9時前には対外ベットに入る優等生が昨日はテレビを見ていて9時半を過ぎた。良い子じゃなかった自分を責めているのだ(エライ!)「今日は早く寝れば、かならず来るよ」その言葉を信じ早々と寝た・・・・

先ほど「今日こそは絶対入れておかなきゃ」 と ママが娘の枕に忍ばした

きっと朝から娘は、サンタが来たかのように大騒ぎするんだろうな!こんな小さなことに「大きな幸せを感じる」 

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »