« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

白鳥高原カントリー 其の二

昨日に引き続き白鳥高原カントリークラブの話です

さて、肝心のプレーですが初日は10時半のスタート。

ほぼ最後の組のようで後ろには熟年夫婦?の2人組だけ。

ここの特徴として距離が疑わしい・・・っていうか、高地だから球が良く飛ぶ説と打ちおろしの落差が大きい説とがある。

アウトの9番は589ヤード打ちおろし。ドライバーで打つと残り200ヤードそこそこまでくる!その200ヤードを5番アイアンで打つ。まるで自分がタイガーにでもなった気がする420ヤードパー4の5番も二打目は残り100ヤード!どないなってる300ヤード程のミドルも多く、ワンオンも夢じゃない。そんなゴルフ場だ

名物ホールは12番ホール。380ヤードパー4なんだが、230ヤード付近から最大斜度30度 程の斜面になっていて、これぞスキー場!って感じだ。こにはテーオフの合図を出すお兄ちゃんが230Y付近にいて、そのお兄ちゃんもまた名物を醸し出している。

029_2

打ち上げ、打ちおろしが多いためこのカートが

絶対必要だが凄い下りとかもあるから濡れて

いるとかなり怖い。現に坂で止まれずに前の

カートにオカマ掘りました

Photo

どう?様になってるでしょ

このドライバーが300ヤードを打つんだ

顔を髭男爵にしてみました!

スコアは二日ともほぼ同じで93程でした。

前回来た時には球をイッパイ失くしましたが

今回は二日で一個だけでした

では、次回はホテル編をお送りします。

パパと呼ばない?

今日は暑かったですな~

久しぶりの娘ネタです。

小学校ではプール学習も始りすでに、いい顔色になりつつある「たんくん」。

毎日色々な出来事が学校では繰り広げられているようで、夕食の時によく話してくれます

今日はプール学習を終えて着替えの時の話で、隣の机の男の子が「ちん出して喜んでいた」 めっちゃおもろかった^^そうだ(笑) そっち系の行動は今も昔も変わってないな~この頃の女子は反応がいいから、さぞかしその男子は面白かっただろう しかし大人がこれをしてはいけない。最近そこがわかってない大人が多すぎる・・・・

そんな娘は私を現在「パパ」と呼んでいる。だが最近ママも含めて「お父さん、お母さん」と呼ぼうと考えてるらしい。背景には学校の友達が「お母さん」と呼んでいる子がいるらしく、お姉さんぽく感じるのか、自分が幼く感じるのかどちらかだと思う。もうそんな時期なのかと・・・ホント子供の成長は早いことをツクヅク感じさせられる。しかしながらイザ呼ぶとなると照れくさいのか、小さい声で「お父さんオヤスミ!」 と言ってみたりしている。家ではともかく、学校や友達の間ではパパ、ママは結構使わないようだ。

今日、個人懇談があってママが担任に話を聞いて来た様だが、元々ノロマのノンビリ屋なのだが取り合えず遅れまいと自分なりに頑張っているようで、先生も多めに見ているらしい・・・だが授業で挙手しての発表は多いらしく、自信なさげ話すらしいが立派なものだ

友達とも仲良く遊ぶらしいし、なにより無遅刻、無欠席なのが親として誇らしい!毎日ランドセルをしょって学校へ行く姿を見るだけで「大満足」のお父さんである

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »