« あと一歩・・・ | トップページ | スーパー園児 »

部分日食

本日、我が福井県地方でも部分日食が観測できた。

とはいっても、雲の切れ間からたまに顔だす太陽を見ての話だ!

ほとんどが、肉眼で見れるほど雲に隠れていた。

しかし、はっきりと三日月の形まで欠けていたのを確認しました。

46年ぶりの皆既日食らしいが、今回この天体ショーを見ていて思った。何故、こんなに正確に日食が起こることを予測できるのかと?

場所や時間、日食の度合までが正確に予測している。今回ばかりでは無い、色々な彗星の接近予測や、各惑星の軌道まで寸分違わず把握している。

見方を変えれば、惑星たちは数秒のズレも無く自転し公転していることになる。しかし、この前何かで見たが、月が少しづつ地球から遠ざかっているらしい・・・それは大変な事らしい。

地球の重力に変動をもたらし、自転が変則になるらしいのだ・・・

最近、タダでも異常気象なのに、大変な気象状態に陥ると言っていた。

技術の進歩で正確に先々までわかってしまうのもどうかと思う。「知らぬが仏」と言うように昔、ハレー彗星が接近すると1分程空気が無くなると言われ、皆がバケツで生き止めの練習をしていたらしいが、そのレベル位が丁度良いのでは無かろうか

 娘もしっかりと観測できた様で、夏休みの自由研究の宿題が完了したみたいだ

« あと一歩・・・ | トップページ | スーパー園児 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部分日食:

« あと一歩・・・ | トップページ | スーパー園児 »