« 12月13日 | トップページ | 今年のクリスマス »

チャンピオン長谷川穂積・V10達成

昨日は冷え込み、20センチの積雪を記録しました。

そんな寒さを一気に吹き飛ばすホットな試合を魅せてくれました。

WBC世界バンタム級チャンピオン長谷川穂積VSペレス

戦前は久々のラフなハードパンチャーでサウスポー

今回は流石のチャンピオンも少し手こずるかも!との予測

しかしこれまでも、色々言われたが1回KOで仕留めてきた

今回も、1回KOするのでは!と期待をして見てた。

長谷川も出来れば1回でKOを狙うかの様な大きなフックの連打

ペレスも大ぶりだが意外と上手い選手だ。

そして久しぶりの3回に入ったが、チャンピオンに焦りはまったく感じなかった、むしろもう見切ったかの様な戦い方になり、ボデーに強いストレートを叩き込んだ。

4回は得意の右フックにアッパーとクリーンヒットさせそろそろ倒しにかかるかな?と思った矢先、左ストレートのダブルで相手がダウン カウントする間もなくレフリーが試合を止めた

まず驚いたのが、あの間隔でショートストレートをダブルで打てる事だ。ペレスも全く見えていなかった。

長谷川本人も言っていたが、練習の賜物だと思う。

だが、どれだけ練習しても中々出せないパンチだと思う。

それもKO出来る程重く強いパンチだ

前回の防衛からまた進化したチャンピオン。次はどうする?

私は、今のうちに階級を上げて、一回り大きい体の長谷川穂積のボクシングが見たい気がする。

減量で苦しまない階級で、強いチャンピオンとの対戦でもう一回り進化したボクシングを魅せて頂きたい

 やはりボクシングには派手なパフォーマンスは要らないね

« 12月13日 | トップページ | 今年のクリスマス »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャンピオン長谷川穂積・V10達成:

« 12月13日 | トップページ | 今年のクリスマス »