« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

浅田真央だから・・・

皆から真央ちゃん!と呼ばれる国民的ヒーロー。

みなさんご存知かと思われますが、稀にみる高得点の戦いでキムヨナが金メダルで真央ちゃんが銀メダル・・・

今日の結果を見て、真央ちゃんの涙のインタビューを見て思い起こした言葉がある。それは柔道の谷亮子さんの言葉だ。

「最高でも金メダル、最低でも金メダル」という言葉

浅田真央選手はオリンピックの金メダルだけを目指して人生を捧げてきた。それは真央ちゃんだけでは無い、すべての競技者がそうであろう。しかし、銀メダルや銅メダルでは駄目な競技者がいると言う事実。

嫌らしい言い方だが、安藤選手が銀メダルだったら日本国民は大手振って祝福したであろう。憶測だが本人も嬉し涙に暮れたであろう。

浅田真央選手の流した涙は、悔し涙・・・・

しかし、一言もいい訳をせず、ただ自分が完ぺきに滑れなかった事だけを悔やむ19歳!もし自分の演技が完ぺきで納得した滑りだったら笑顔の銀メダルだったかもしれない。

少し時間がたち、リンクを離れた場所でのインタビューの時にはいつもの”真央ちゃんスマイル;に戻っていた

とても愛らしい皆から愛される笑顔だ

真央とヨナ。対照的な涙だったが、両者共にとても素晴らしく心から拍手喝さいを贈りたいそして男女共にすべての選手が入賞したことはとても凄い事だと思う。

あと何日かでバンクーバーオリンピックも終わろうとしている。思い起こせば色々な涙があったが、どれもこれも素晴らしい涙だったと私は声を大にして言いたい

もうメダルの数がどうのこうのと言うのは止そう!

 まだ上村愛子さんの旦那の、皆川選手のスキー回転競技が残っていた

真央VSヨナ

今回のオリンピックの最大の注目競技が行われた。

女子フィギュアのショートプログラムだ!

浅田真央が先に滑り、キムヨナが直ぐ後を滑った。

色々と騒がれていたが、やはりこの両者は別格でした。

ここ一発の集中力は流石であり、恐れ入る

真央ちゃんも凄い演技だったが、キムはあさりと超えた。

両者の次元を超えた素晴らしい演技が観れて最高だった

正直、真央ちゃんに金メダルを獲って欲しいが、キムヨナちゃんも素敵だ。今はどちらでも良い、最高の演技を魅せてオリンピックを楽しんで貰いたい。

今回のオリンピックは、お昼休みの時間にメーンの競技が中継されるので、ライブで応援して熱くなれている。

残念ながらカーリングは予選敗退が決まったが、確実に世界との差が縮まっている気がする。

そして、カーリングの楽しみ方を世に知らしめた。

さぁ、次はフリー

決戦は金曜日

他の日本人選手とカナダの選手にも良い演技を期待します。

 ヨナの007は何度観ても魅かれるな~

カーリング

このオリンピックでカーリングが少しわかってきた!

それまでは、ルールも全く分からず、とりあえず投げて、もっと走らす時にホーキで掃く位のレベルでした

第10エンドまでの戦いで、ギブアップもあったりする。

氷上のチエスのようで、戦略が大切なスポーツだ!

相手に1点を獲らせて2点以上を獲っていく攻撃と守備が入り混じる視聴者参加型のスポーツだと思った。

神業的ショットなどには鳥肌がたち、最後のショットには息を飲む。ビリヤードばりに、幾つものストーンをはじき出す様は爽快だ!

しかし、未だ分からないのが「や~っぷ」と聞こえる掛け声。

なんでも、「弱いから掃いて!」の意味らしいが・・・・

掃くと3メートルは伸びるらしい。

色々な用語が飛び交うから、これから勉強して行こう。

残念だが、今日は完敗だった。

先が無くなった訳だが、もっとクリスタルジャパンの姿を見て勉強したい。まだ少しだけ望みがあるから頑張って欲しい

 でも一人だけ半袖のユニホームは、若さの象徴?

2年ぶりのお披露目!

今日はオリンピックも一休みで、我が家ネタです。

本日、二年ぶりにお雛様を出しました

P1020069

二年間も暗い箱の中に仕舞い込まれて、さぞかし苦しい思いをしていた事でしょう・・・・御免なさい!

女の子を持つ親としての特権のはずのお雛さま。子供が大きくなるとツイツイ出さないようになってしまう。

確かに大変な作業ではあるが、親と子供が心を込めて飾り付け作業が出来る素晴らしい時間である

そして不思議なもので、三段飾りなのだが”威風堂々”我が子の成長を見守って頂いている力を感じます。

こんな所にも日本文化の素晴らしさを感じますね~

3月3日までのわずかな時間ですがそのお姿を楽しませて頂きます。

ところで、「雛祭りが過ぎてもひな人形を片付けない無いと、嫁に行くのが遅くなる」の言い伝えは、どんな意味が隠されているのかな?

 家は少し遅れても「良し」ですがね!

メダルの重さ

昨日の事になりましたが、やってくれました

男子フィギュア初のメダル。

高橋大輔選手の銅メダル

大変貴重な銅メダルだと思います。

高橋が滑り終えて、暫定二位。残りの2選手の滑りから目が離せませんでした。特にアメリカの選手には冷や冷やもんでした

結果、本人も納得の銅メダル。

しかし、とても意義のある銅メダルだと思いました。

プルシエンコは銀メダルで不満そうでしたが、日本国民や日本フィギュア界にとっては、銅メダルでも最高のメダルだと思います。

大会前は4回転ジャンプを跳ぶか跳ばないかで物議を醸し出しましたが、高橋選手は金メダル狙いの4回転に挑戦を選んだ。

跳ばずの銅メダルだと不満も残るが、挑戦しての銅メダルだから納得が行くのだと思った!

表彰式で国旗が掲揚されるシーンは何度見ても感動する。

そして、日の丸を見て日本人で良かったと感じる。

結果はこうなったが、三人とも良く頑張った

今日はジャンプラージヒル予選で葛西の大ジャンプ!

女子カーリングでも、スーパーショットでの勝利と、日本に良い風が吹き始めた様だ。明日もこの調子でメダル奪取して貰いたい!

 今日、浅田真央ちゃんがバンクーバーへ向かったね!何故か私も少し緊張し始めた

待望のメダル!

やりました

銀メダルと銅メダルを獲得です。

ちょうどお昼休みの時間帯だったので、ライブでメダル獲得の瞬間に立ち会う事が出来ました!

一回目はすでに終わっていたので、競技が二時間近く中断した事もあとから知りました。

それにしても熱くなったな~

長嶋選手がメダル圏内を確定させた後の、最終滑走の加藤選手の滑りは注目だった。日本選手のメダル二個か、何色のメダルになるか、とても緊迫感のあるスタート前だった。

素晴らしいスタートから、途中まで金メダルへ行ける滑りだった。最終コーナーを回ってからは大声で声援していた

ゴールの瞬間、金だと思ったが・・・・

しかし立派な銀と銅メダルだ

本当に良くやってくれた!

日本の他の選手への良い刺激となったに違いない。

いよいよ明日から男子フィギュアが始まる。

益々仕事に身が入らない日々が続きそうだ

 今後楽しみな種目はスキークロスです。面白いですよ

上村愛子!

とても素晴らしい滑りだった

メダルには手が届かなくて本人は凄く悔しいだろうが、完敗だったから納得しているに違いない。

メダルを獲った三人は、誠にキレた滑りだった。

残念たが、上村には精神面で守りが少しあり、ブッち切れていなかった様に見えた。まだ里谷の方がメダルを狙いにいった滑りに見えた。

本人もそこに悔いを残したと思う。

だが、つくづくオリンピックは難しいと感じた。

4年に一度なので、ピークの持って行き時が外れればお終いだ。

上村選手は昨年のW杯女王だ。だから金メダル候補と騒がれていた。しかし、アスリートの流れは速い。絶えず進歩が必要だ!

ライバル達が追いつき、追い越し掛けてきた時期のオリンピック。

金メダルには技術以上にメンタルが必要だ・・・

私も独身時代はスキー三昧で、コブ斜面ばかりを滑った。

モーグルに惹かれ名だたるバーンに挑戦したものだ。

中でも、白馬の黒菱は毎年挑戦し、粉砕されていた

だからモーグル選手の凄さは物凄くわかる。

上村選手は今でも間違いなくトップランクの選手だし、W杯でも勝てると思う。彼女は、次期オリンピックも出場すると私は思う。

「なんで一段一段なんだろう」と言う言葉が印象的だ・・・

話は変わるが、彼女は性格がイイね~。愛子という名前がピッタリの皆から愛される人だと思います。

これからも応援していきたいと思いました

 今日行われた男子のモーグルには度肝を抜かれた

本命チョコ!

今年も本命チョコを頂いた

今年は、チョコレートケーキだ!

愛情たっぷりの美味しいケーキだった。

しかし、いつも付いている手紙は無かった・・・

忙しかったのであろう。

そして私に催促した。

「何か言う事忘れていない?」

「ありがとう!大好きだよ

そう言うと嬉しそうにほほ笑んだ

相手はお察しの通り、娘のたんくんである。

今年はママと手作りチョコにも挑戦した。中々の出来だった!

まだ渡す男の子はいないようだが、来年あたりからそろそろ意中の男の子が出てくるかもしれない・・・

そうなると義理チョコに変わるのか・・・・?

いつまでもパパにしか渡せないのも困る。

どんなに素晴らしい彼が出来ても、パパへのチョコは本命であって欲しいと願う、娘離れの出来ないたんくんパパである

 今日モーグル観ました!愛子ちゃん頑張ったよ オリンピック記事は明日書きますね!

バンクーバーオリンピック開会式

ついに始まりました。

今日の開会式、綺麗でしたね~!

北京の時もそうでしたが、演出が凝っています。

次はどうなるの?って引き込まれて行きますね。

会場で生を観たらもっと凄いんだろうな

まずは照明機器と技術に驚きますね!

開会式もオリンピックの楽しみの一つです。

しかし、開会式とは別の所では、もう戦いが始まっています。日本のお家芸の一つ。ジャンプそしてモーグルだ。。。。

日本のジャンプ4選手は予選を通過したようで、明日の朝には今回初のメダリストが決定してそうですね。

葛西選手にはメダルを期待します。

そして上村愛子ちゃんの金メダルも明日決まります

相当のプレッシャーがかかっていますが、今回は旦那さまも一緒だから力強いはずです。思いっきり滑って欲しい。

大会が始まる前から問題になった、服装問題。

今日の開会式でオリンピック委員会会長が「皆様は観ている人のお手本になって欲しい」と言っていたが、何億もの人が注目し、国の代表で行っている事を自覚していない事の現れだと思う。

個性が通じる所と、それを出してはいけない所が分からない、言葉は悪いが本当にガキな奴だと思う。

これは昭和中年男の考えなのか・・・・

そして、悲しい事故も起きてしまった。

夢の舞台に立つ前に亡くなった事は本当に無念だったに違いない。

世間は、今から金が幾つとか予想していますが、4年間この日の為に色々犠牲にして頑張ってきたのだから、無心で競技に集中し、素晴らしい成果を魅せて頂きたいものだ

 ここ暫くは熱いオリンピック記事が続きそうです

プリウスのリコール

トヨタのリコール問題。

アメリカが発端となって、ついに日本でも・・・

数年前までは、純利益で一兆円を超えた世界一の企業で、トヨタ方式と呼ばれる経営のやり方まで話題になっていた。

世間は不景気のどん底でも、プリウスが売れまくり、トヨタは上昇傾向にあった。しかしそのプリウスにリコールが出た。

私の考えだが、ブレーキの不具合となっているリコールは、メーカー側の本音はリコールとは思ってないと思う。

最初、豊田社長が会見したように、感覚の違いだと思う。

最初、ABSが世の中に出始めた頃、「自分の思った所で止まらない」とほとんどのユーザーが苦情を言った。

雨の日の空荷のトラックなどは、全く止まらずABSをオフさせたほどだ。

ハイブリッドは回生ブレーキを使うので若干制動距離が延びるシステムだと思う。要するに乗り手が車に合わせて進化しなければ駄目なのだ。

マニアルミッションからオートマミッションに推移した時も、色々操作ミスで事故が起きた。幾度となく進化して今のオートマミッションとなっている。だが、未だにアクセルとブレーキを踏み間違え大事故が後を絶たない。どんなに技術が進歩しようと、乗り手の進歩がなければ事故は避けれれないという事ではなかろうか・・・

私は、トヨタを支持する訳ではない。むしろ好きではないメーカーだ。

アメリカのペダル問題がなければ、この件はリコールにはならなかったと思う。ゴルフのタイガーウッズもそうだが、一つのミスで今までの功績をないがしろにするほど叩く事を疑問に思う。

しかし、どんな大ニュースでも2,3、年もすれば忘れ去られるのも事実だ・・・狂牛病で牛肉を食べなかった事を忘れていた

どんな完璧で大きな物でも、明日はどうなるか分からないと改めて知らされた気がした

 今年は大ニュースが続きそうな予感がします

DVD版 THIS IS IT

久しぶりにThis is it を観ました。

DVD版ですが、映画には無い特典映像もあり、とても良かった!

本編を観る前に、デイスク2の制作舞台裏から観た。

ダンサー、バンド、ボーカルに分かれており、二度映画をみた私には、そのスタッフ達の凄さを再確認する事が出来る内容でとても楽しめた。

それを見た上での本編は、また新たな感動をもたらせてくれた。

MJのカリスマ性は、単にダンスや歌が上手いだけでは無く、その人間性の方が占めている気がする。

話はそれるが、今世間を騒がしている朝青龍引退問題

横綱の品格を絶えず問われてきた。

相撲が強い、人気がある、それだけでは駄目な世界があると言う事。そしてそれは人間性が大きく左右すると言う事だ。

品格は、作られるものではなく、にじみ出るものだと私は考える

話を戻そう。

MJも過去に色々とマスコミを騒がしていた。

だがそのカリスマ性は誤解を招きやすく、勘違いされ易い。

本当のマイケルを知る人間は必ず「LOVE」と答える。

世界のスーパースターには珍しく、けして天狗にはならずいつも謙虚でフレンドリーだ。そしてつねに探求を怠らない!

真のキングだ

今回、観ていて気付いた事だが、スリラーなどのバックのスクリーンで流れる映像は、3Dで作られておりマイケルを含め制作スタッフが3Dメガネをかけて、その映像の凄さに驚いている。

コーラスの4名も凄い人達で、今回はその人たちも良く観察しながら観てみました!そして、何度みてもビリージーンは最高にカッコよく、一番好きな場面です。

46型のテレビで見ても音楽と迫力は映画館からは程遠く、映画館で観ておいてホント良かったとつくづく感じました。

今回観て、益々このツアーが実現出来なかった事が残念に思えてなりませんでした・・・

 何度みても女性ダンサーのモデル歩きするシーンには惚れ惚れするな~

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »