« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

高速増殖炉もんじゅ

夏祭りも無事終了し、肩の荷が下りた感じだ!

祭りの翌日の日曜日に敦賀にある原発に行ってきた。

何故に原電かと言うと、「もんじゅを見学して漫画を描こう」みたいなイベントがテレビ局の企画であり、漫画家志望の「たんくん」は、見逃すわけにはいかなかったという訳です(笑)

P1020215

少し「もんじゅ」にふれます。

正式名は、高速増殖原型炉「もんじゅ」と言う。

皆様には、ナトリウム漏れ事故でご存知かと・・・

原子力発電では燃料にウランを使いますが、燃料となるウランは全体の1%しか使えません。しかし残りの99パーセントも中性子を吸収するとプルトニウムに変わり新たな燃料として活用できるのです。

核反応で出来た熱を、ナトリウムに伝えその熱量で蒸気発生器をまわし発電します。このナトリウムは優れ物ですが、水と反応し水素を発生させ、空気に触れると燃える性質があります。

このナトリウムが漏れて火事になり、もんじゅは、1995年から今現在まで止まっているのです。

残念ながら撮影禁止場所が多く、もんじゅ本体の画像はありません。

P1020225

これがその破損した温度計の実物です。

もんじゅはこれ位にして、本題に!

P1020226_2

もんじゅ施設館内の研修ホールに集まり、約40名ほどが4チームに分かれ、もんじゅ施設の見学説明を受け、それをレポートにまとめ漫画にすると言う流れであった。

P1020219

これはナトリウムを包丁で切っている所です。

この館内は、水系は厳禁でした。

P1020224_2

我が班はブルーチームで、今、見学が終わり意見交換だ。

午後2時から始まり約3時間のプログラム。

次回は8月の終わりにもう一度集まり、漫画を描くそうだ!

私達も子供と一緒に廻り、少しは「もんじゅ」の事が分かった。

福井県は原発の県だが、殆ど意識していない。増してや知識など全くなかった・・・今回は良い機会に恵まれ福井県人として少しは原発の事を知れて誇らしくなった

久しぶりに、家族3人でのお出かけで娘も嬉しかった様だ!

 敦賀で美味しいモノを食べたので次回に画像アップします

夏祭り

公約通り?久しぶりの更新となりました

先週の連休は町内会の夏祭りで相当に疲れました

朝8時半から子供神輿で祭りがスタート

P1020196

もうすでに気温は30℃を超えております。

P1020201

ワッショイの掛け声で町内を練り歩きます!

この後、子供たちのゲームと共に各班が担当している露店が店開き、長~い一日の始まりでした。

私が担当したのは焼き鳥で、福井では言わずと知れた「秋吉」が店を開、バザー券だけでも350枚は売れており大忙しでした。

この日も気温は35℃近くにも上がりました。その中炭でバンバン火をおこし焼き鳥を休みなく焼き続ける。

焼き方さんは7時間焼きっぱなしでした

私は今回夏祭り実行委員会の役員で、祭り前日から会場設営など大忙し、祭り終了の後かたずけまでの2日間、完全に祭り一色の連休となっておりました。

炎天下の中の作業だったので、体は日焼けで真っ黒!まだ梅雨が明けたばかりだと言うのにすっかり夏男になってしまいました^^

苦労の甲斐あって祭りは無事終了。

辛い期間ではありましたが、皆さんに喜んで頂き良かったと思っております。娘も丸一日祭り会場で遊んでおり、南国少女になりました(笑)

ここ数日、異常な程の暑さ続きで祭りの疲れもあり、少々夏バテ気味であります。もうすでに夏瘦せしてしまいました・・・

今週末にも地区の納涼祭があります。

またまた実行委員会のメンバーです・・・

別に好き好んでメンバーになっているわけではありません。ただ今年は役員の当たり年の様です(笑)

 去年は海へ行かず仕舞い。今年は行きたいな~

ゲリラ豪雨

梅雨に入ってひと月余り

もうそろそろ梅雨明けも近いとの事

「今年は」と言うより、「今年も」と言った方がよさそうなゲリラ豪雨での各地の悲惨な被害・・・・

我が福井県でも7年程前になるが、福井豪雨で大きな被害を受けた経験がある。だから他人ごとではない。

今年は北陸で大雨警報が発令されても、福井市はさほど大雨は降っていない。どちらかと言えば少ない方だ。

しかし、いつ頃からこんな凄まじい大雨が降るようになったのか?

気候が熱帯気候に変わりつつあるのかも知れない。

それもこれも地球温暖化の影響なのか・・・

何でも温暖化のせいには出来ないが、私が成人するまでは台風でもあんなに短時間に降らなかった気がする。

よく「バケツをひっくり返したような雨」と表現するが、最近はプールをひっくり返した位の雨が長く続く事が特徴だ!

来週には梅雨明け宣言がなされそうだが、ゲリラ豪雨の恐怖から逃れられた訳ではない。秋までは台風を含め警戒が必要だ。

だが、よく「警戒して下さい。」と耳にするが、分かっていても豪雨や台風は避ける事は出来ない!低気圧や高気圧を自由に操れるとどんなに素晴らしい事であろう。干ばつ地域に雨も降らせるし、台風も避ける事ができる

私が年老いた頃には、今の子供たちが良いモノを発明し、災害の少ない環境に優しい地球にしてくれていると願いたい

 ねじれ国会には将来はあるのでしょうか・・・・

健康診断

少し前ではありますが、今年も検診を受けて来ました。

昨年は、まさかの肺の再検。

MRIでの検診で異常なしの診断でしたが、一瞬「おや?」と思わせる出来事でした^^

しかし、今年も肺のレントゲンを見て検診を受けた先生が「ここに影があります」と右胸あたりを指さしました・・・

「それでは昨年のレントゲン写真を見てみましょう」と言って奥から取り出し2枚並べてはりつけると。。。

まったく同じ場所に同じ影が!

これは何かの影ですね~

今年は大丈夫ですよ!と言って頂きました

だが私にはもう一つ重大な疾患を抱えている。

コレステロール値だ

悪玉と言われてる値が200を超えており、総コレステロールは290近くにもなる・・・中性脂肪値は正常で、体脂肪も15%なのにだ・・・

昔なら即、「病院で薬を貰い飲んで下さい」と言われたが、最近は違う。メタボや血圧、その他の値も考慮して診断する。

遺伝的体質などもあり、体重47キロの父親も高いのだ。

毎回言われるのが、「野菜を多く摂りなさい」

確かに私の食生活は、乳製品や油物を多く好んで食べる。

野菜、果物は少ない方だが、嫌いでは無い!

運動はしている方なので、とりあえず今は食事を気を付ける事だと毎回言われている。

今年からは、出来る限り野菜中心に考え、洋食から和食へ変える努力をしたいと思っております。

一年後のブログではどのような結果が出ているのでしょうね。今から楽しみです^^

 さて、明日の早朝はW杯決勝を録画で観るよ

七夕

久しぶりの更新になってしまった。

別に体調を崩した訳でもなく、ただ単に「サボった」です

サッカーも深夜の放送が続き、ライブでは見れなくなり再放送を見てたりして中々パソコンに向かわなくなっていた。

今年も半年が過ぎ、早いものでもう後半に入った。

そんな中、昨日は七夕だった!

毎年、梅雨時のせいで殆ど雨、だから天の川は雲の上。

しかし今年は夕方から晴れ間がのぞき星も見えていた。彦星と織姫は逢えたのだろうか?天の川は見えなかった・・・

小さい頃は短冊に願い事を書いていたが、現実的な事ばかり.、初詣や流れ星にも同じ願い事だった(笑)

七夕はロマンスを感じさせるイベントだ。

浴衣を着た若者が筆をとり、短冊にせつない願い事をしたためる!いつまでも残したい美しい日本文化ですね

話は変わるが、W杯もオランダとスペインの決勝戦となった。

美しいサッカーが見れそうな両チーム

今回はあえて優勝予想はせずに、純粋に世界レベルのサッカーを満喫する事しょう

 明日から夏祭りの会合が続きます。また更新途絶えるのかな

泣くな駒野!

日本代表が、今夜帰国した。

本来ならまだ南アに居るはずなのに・・・

とは言え、私は予選敗退で帰ってくると言ってた側である。

予想を遥かに上回った戦いであり、結果だ!

パラグアイ戦はPKに持ち込めば勝てると予想。

やはり私の予想は大外れ^^

負けると予想すれば良かった

120分の激戦だった。

見ている方も力が入って凄く疲れた。

日本チームはホント逞しくなったし、良く頑張った。実力以上のものを出したし、世界を少し「おや?」と言わせた

ベスト4なんてと笑ったが、もしかしてと予感させる勢いがこのチームにはあった。戦う選手の眼がそう言わせた!

残念だがPKでの負け。

決勝トーナメントになるとPKまでもつれる試合が増える。

その中で勝ち上がるのは、運だと私は思う。

結果、駒野が外し、負けた形だが、もし駒野が決めていても負ける側の誰かが失敗して勝敗が決まる。

日本で応援していた駒野のお母さんが、「すみません」と何度も周りの人に謝っていたが、謝る必要なんかない。良く頑張りました駒野は

日本チームの中で、そして日本国民も駒野を責める気持ちは無いであろう。PKは誰も悪くないし、責められない。

むしろ嫌な役をかぶって、立派だよ。話は変わるがスキージャンプの原田を見なさい(笑)

今日帰国して記者会見していたが、素晴らしい一つのチームになっていた。このチームでスペインとの戦いが見たかった!

もう日本では4年後のブラジル大会の話になっているが、これからが本当のW杯だ。深夜の放送が続くが観たい

 ちなみに優勝国予想はアルゼンチンです

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »