映画・テレビ

宇宙戦艦ヤマト

SUPACE BATTLE SHIP ヤマトを観てきた。

335872_100x100_001

宇宙戦艦ヤマト世代の私としては、多少違和感がありましたが、アニメとは別物と考えるとCG映画としては良かったと思います。

何よりも山崎努の沖田艦長はハマり役でした。

オープニングでの波動砲を撃つシーンではゾクゾクさせられましたが、以降チョット打ち過ぎです(笑)

映像自体はとても綺麗で、戦闘シーンや宇宙の風景など日本映画もここまで出来るようになたか!と感じました。

基本的にはラブストーリで、アルマゲドンやトップガンなどをごちゃ混ぜにしたような、ベタなストーリではありました。

それがイイのかもしれませんが・・・

アニメの実写版にはやはり限界がありますし、原画のキャストの色を出すのは難しいですね。

キクタクや黒木メイサもヤマトで無ければそれなりの出来栄えだった様に思いますが、やはり作品が偉大すぎました

この作品には賛否両論ありますが、観て損はしませんでした。

そして、最後にオチがついておりました!

正月に観てみてはどうですか

 さて、そろそろ年賀状に取りかからねばなるまい

DVD版 THIS IS IT

久しぶりにThis is it を観ました。

DVD版ですが、映画には無い特典映像もあり、とても良かった!

本編を観る前に、デイスク2の制作舞台裏から観た。

ダンサー、バンド、ボーカルに分かれており、二度映画をみた私には、そのスタッフ達の凄さを再確認する事が出来る内容でとても楽しめた。

それを見た上での本編は、また新たな感動をもたらせてくれた。

MJのカリスマ性は、単にダンスや歌が上手いだけでは無く、その人間性の方が占めている気がする。

話はそれるが、今世間を騒がしている朝青龍引退問題

横綱の品格を絶えず問われてきた。

相撲が強い、人気がある、それだけでは駄目な世界があると言う事。そしてそれは人間性が大きく左右すると言う事だ。

品格は、作られるものではなく、にじみ出るものだと私は考える

話を戻そう。

MJも過去に色々とマスコミを騒がしていた。

だがそのカリスマ性は誤解を招きやすく、勘違いされ易い。

本当のマイケルを知る人間は必ず「LOVE」と答える。

世界のスーパースターには珍しく、けして天狗にはならずいつも謙虚でフレンドリーだ。そしてつねに探求を怠らない!

真のキングだ

今回、観ていて気付いた事だが、スリラーなどのバックのスクリーンで流れる映像は、3Dで作られておりマイケルを含め制作スタッフが3Dメガネをかけて、その映像の凄さに驚いている。

コーラスの4名も凄い人達で、今回はその人たちも良く観察しながら観てみました!そして、何度みてもビリージーンは最高にカッコよく、一番好きな場面です。

46型のテレビで見ても音楽と迫力は映画館からは程遠く、映画館で観ておいてホント良かったとつくづく感じました。

今回観て、益々このツアーが実現出来なかった事が残念に思えてなりませんでした・・・

 何度みても女性ダンサーのモデル歩きするシーンには惚れ惚れするな~

THIS IS IT 二回目!

昨日、娘を連れて2回目のThis is it を観た!

9歳の娘は、マイケルの追悼番組で初めてスリラーを見てファンになった。

DVDのバッドやビートイットなどで完全に虜になり、今回の映画を楽しみにしていた一人である

当然字幕を完全に読める訳もなく、音と映像で本人なりに楽しんだに違いない。大好きなスリラーの時は身を乗り出し、お気に入りのブラックorホワイトでは足でリズムをとっていた

さすがにマイケルのメッセージまでは掴み取ることは出来ないだろうが、マイケルが放つエネルギーは感じ取った事だろう

「どうだった?」と感想を求めると「2時間が30分程に感じた」と答えた。「スリラーは凄いでしょ?」と聞くと「3D映像で見たかった」となかなかのコメント(笑)

今後、DVDが発売されたら買い求め、擦り切れるまで見よう!

2回目の私は?と言うと

流れはわかっているので、MJの表情、動き、セットやダンサーなど細かい部分に目を向けてみた。

音の良さ、楽曲の良さは何度聞いても惚れぼれする。

曲が終わるたびに拍手しそうに何度もなった

3度目があるとすれば、クラブとかの大音響の中、スタンディングで踊りながら、歌いながら観たい

今後のMJ関係の興業から目が離せない。期待は色々と膨らんで、第2弾なんかも期待してしまう。

しかし、冷静に考えると、このまま伝説で終わらせる方が良いのかも知れませんね

ありがとうマイケル

 This is it のポスターが欲しかったのに売り切れだった

THIS IS IT 

今日、会社が休みだったので一人で観てきました!

とても素晴らしく、いつまでもその場所に居たかった。

何度でも観ていたかった・・・

まずはマイケルに謝りたい。

私は、マイケルの追悼を見た時のブログで「もしもロンドン公演が行われていてもブランクのある50歳のマイケルにどれ程の公演が出来たか疑問だ」と書いた。正直、スキャンダル報道ばかりで、歌わないマイケルがどれ程の者か心配だった。

今日、MJの本当の凄さ、キングオブポップたる由縁を思い知らされた。MJは普通の物差しで測ってはいけない。

ダンスは音と共に自然と体が動いている。マイケルの歌やダンスは、年齢やブランクなど全く関係ないことに気付かされた!

ビリージーン、ビートイット。この映画だけでも十分堪能できる。

だが、MJが生きていて、この公演が行われていたなら人類史上最高のステージとなった事だろう・・・・この公演がに携わるすべての人間が超一流で、そのすべての人が、マイケルに魅かれ能力を倍加させている!

もしも日本で行われたなら10万円でも観たいと思った。

映画の最後の字幕を見ながら考えていた。この公演を代わりにできる人物がいるであろうか・・・装置、スタッフ、楽曲はすべて一流でもマイケルジャクソンと言うエネルギーの源が無ければ無し得ないと感じながら席を立った。

現代版のスリラーは凄い!とだけ付け加えておこう

 学校から帰った娘が「パパだけズルイ」と怒っていた。娘を連れてもう一度行くことにしよう

禅=永平寺

本日、映画で「禅」を見てきた。

道元禅師さまの物語的、映画だ。

前にも書いたが、今年の初詣で永平寺へ行った時に、この映画が封切られると知った。そして是非とも観たいと強く思っていた。

朝一番の時間帯で行ったので空いていると思ったが、年配の方達で結構の入りであった。感想からいくと、皆様にも絶対みて欲しい映画であった 私は宗派も仏教心も持ち合わせていないが、「人として」をこの映画が、そして道元禅師が教えてくれる気がする。

750年も前の話だが、人間の愚かさの根源は今の社会にも今だ通ずるところだと感じる。道元禅師が伝えたい8つの教えが守られる世の中であれば、この世は浄土と言えよう・・・時は戦国時代、その歴史は繰り返され未だ戦争が絶えない世の中だ。今の子供たちの未来の為にも、今から育つ純白の心を持つ子供たちに少しでも伝えたい教えであった。

人それぞれに感じ方はあるだろうが、一度この映画を観て道元様がどうではなく、今の自分はどうなのか自問自答されてはいかがなものでしょう・・・・

ちなみに私は、己の守護私欲に溺れる毎日を恥ずかしく感じ、何か少しでも毎年一つでも教えに近づく努力をし、子供に伝えたいと思いました。

アースを観た!

  先週の土曜頃から鼻声になってる。

木曜には、高い熱も出てインフルエンザかと疑った・・・

日曜の朝には超特急の下痢でノロウイルスを疑った・・・・

長い風邪だ”””そんな中子供と映画に行った(皆さんゴメン!)

今、何かと話題の「アース」だ!!アルファベットは難しい (・・?

ディスカバリチャンネルとかも、好きな方でよく見る。

北~南への流れなんだけど「正直」60点かな・・・・・・・

あくまでも私のなかでの点数なので(すいません渡辺謙さん)

行く前にブログとかで評価をみてました、結構 辛口的 印象。。。

きっと期待が大きすぎたのかも\\\\\

ひとつだけ言えるのは、小1の娘には難しすぎか 

1時間が限度でした。結構子供連れが多いかな~

映像はきれいですよ♪

 ところで、週末テレビでやってた「電車男」はおもしろかったナ~

長く忘れていた、甘酸っぱ~い気持ち 思いださせました(*^_^*)